スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ブログランキングFC2 ブログ・ランキング
サービスリターン入門 - その3
ストロークとリターンの決定的な違い。


それはテイクバックの大きさです。


よく、テニス雑誌の技術解説で
ストロークとリターンがごちゃ混ぜに
紹介されているのを見かけます。


気をつけましょう。


良いリターンはテイクバックをコンパクトにし、
打点は前。
ブロックするようなイメージです。


タイミング的にはボレーに似ているそうですが、
ボクはボレーがあまり上手くないので未だに
よく分かりません。


ナイスリターンが結果的に
ボレーのようなタイミングだったことはありますが。


自分の場合に当てはめてお伝えすると、
ストロークのテイクバックの大きさを10とするなら、
リターンのテイクバックの大きさは4~6くらい。
この幅は相手サーブのスピードによります。


フォロースルーの大きさは
ストロークを10とするなら、
リターンは4~6くらいです。


テイクバックが小さくても打点を相当前にするだけで、
サーブの重さに力負けすることなく返すことができます。


フォロースルーはインパクト時の面を保ったまま押し出すような
感じです。


昔はスピンをかけようと一生懸命でしたが、
リターンの確率をあげるにはインパクト面の向きと
感覚を磨く方がいいようです。


究極はスピンがかからなくても、
相手コートに鋭いボールが返せれば
球種はフラットでも、スライスでも、トップスピンでも
なんでもいいのではないでしょうか。


リターンの参考として
フェデラーのリターンをご紹介します。


腕が前側に伸びきる前ぐらいに
インパクトしています。


短いながらもフォロースルーを
しています。


グリップは決して厚いとは思えませんが、
凄いスピードボールが返っているものと思われます。


「フェデラーのフォアハンドリターン」



比較の対象としてフォアハンドストロークも
お届けします。


テイクバックとフォロースルーが
リターンよりもそれぞれ大きいことが
分かると思います。


「フェデラーのフォアハンドストローク」



余談ですが、
一昨年にフェデラーがAIGオープンに来日したときに
試合を見てきました。


もの凄いリターンでした。


何しているのかよく分からないけど、
リターンエースの連続でした。


基本の延長にあのリターンがあるのではないでしょうか。
到底たどり着けないレベルですが。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

【2008/02/01 21:46】 | リターン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログランキングFC2 ブログ・ランキング
<<「ダブルリズム」を買いました。 | ホーム | 全豪オープン終了。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tennisnote.blog21.fc2.com/tb.php/73-ee488f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム | スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。