FC2ブログ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ブログランキングFC2 ブログ・ランキング
ラケット考 その4 - 正しいラケット選び 1
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今回から何回かに分けて、
ラケットの正しい(?)
選び方について書いてみます。

まずラケット選びの大前提として、
次の公式があります。

それは、
"自分の力 + ラケットの力 + ガットの力 = 10"
になるようなラケットを選ぶことです。
この場合の「10」は7~8割の力でスイング
したときに、理想的な「スピード」と「深さ」
と「コントロール」を持ったボールが
打てる状態と考えてください。

テニスは相手と1つのボールを打ち合うスポーツなので、
自分が常にベストポジションで打てるとは限りません。
むしろ、レベルが上になるほど、
自分好きなポジションで打てることが少なくなります。
そのため、基本的に10割の力でフルスイングできる
場面をベースには考えない方が現実的です。

経験則ですが、ガットの力はその種類により
「1~4」の数値のいずれかになるかと思います。

さて、先ほどの公式に数字を当てはめて考えると、
※ガットのパワーを3と仮定する

「1のパワーの人は6のパワーのラケットが最適です。」(1+6+3=10)
「4のパワーの人は3のパワーのラケットが最適です。」(4+3+3=10)
「6のパワーの人は1のパワーのラケットが最適です。」(6+1+3=10)

となります。

ここで言う「~パワーの人」とは、
その人の筋力の強さの事を単純に指していません。

筋肉モリモリでも力みすぎる人は、
力みが原因でスイングにブレーキをかけてしまいます。
その結果ヘッドスピードが上がらず、
ボールにパワーを上手く伝えきれません。

また、逆に体が細身の方で筋肉質ではない方でも、
非常に強いボールを打つ人もいます。
こういう方は、単純な腕力でボールを打っているのではなく、
全身の大きな筋肉をスムーズに連動させてボールを打てるからです。

この考え方をベースに次回では、
より具体的な話に進みます。
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

【2007/01/02 00:15】 | ラケット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログランキングFC2 ブログ・ランキング
<<バックハンドの困ったボールの処理 | ホーム | テニスは足ニス その4>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tennisnote.blog21.fc2.com/tb.php/30-2bece16a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム | スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。