FC2ブログ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ブログランキングFC2 ブログ・ランキング
YouTubeを有効に利用するサービス。
こちらのサイトでは、
無料でYouTubeをMPEGに変換してダウンロードできるそうです。

携帯ビデオプレーヤー等に入れて、
いつでもどこでも
イメージトレーニングに活用できそうです。

【使い方の紹介記事】
無料でYouTubeをMPEGに変換してダウンロードできるサイト「Online Video Converter」

【URL】
http://vidconverter.com/
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

【2007/03/17 11:29】 | 上達お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログランキングFC2 ブログ・ランキング
YouTubeより その2
そういえば、
昨年は久しぶりにAIGオープンを観に行きました。

続きを読む

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

【2007/02/24 00:32】 | 上達お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログランキングFC2 ブログ・ランキング
素振りの効用について - その2
 用意するものはラケットと、全身が映せる鏡などのある場所。

 以下の手順でやってみるといいでしょう。

1.素振りの前に、自分の目指すプレースタイルの選手の映像(動画)を見ます。

2.目を閉じて、見たばかりの映像をイメージで再現してみます。

3.イメージで再現できるようになったら、素振りを始めましょう。

4.どのショットも、最初の構え、テイクバック、ヒッティングポイントの面の向き、フィニッシュの位置が自分のイメージ通りかどうかをチェックしていきます。

 以上を繰り返し続けていくと、人から「きれいなフォームですね」と言われるフォームがいつのまにか身に付きます。
 ※試合に強いかどうかはまた別の話かもしれません。ただ、練習チャンピオンとして試合前にハッタリが効くようになれる可能性は高いです。

 ちなみに室内で素振りをする方は、部屋の中のものを破壊しないように気をつけてください。
 ボクはこれまでに、部屋の照明を2回と、窓ガラスを1枚、破壊しました。 幸いケガをしなくて済んだのですが、自分のあまりのバカさ加減にしばらく茫然自失となったものでした。
 くれぐれも熱くなりすぎて自分のスイング以上にラケットを振り回すことは止めましょう。(笑)

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

【2006/06/23 23:10】 | 上達お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログランキングFC2 ブログ・ランキング
素振りの効用について - その1
みなさんは「素振り」をしたことがありますか?
また、実際に自分がプレイしている時のフォームを見たことはありますか?
ボクもそうでしたが、自分の想像と現実があまりに異なっていて愕然としたことがあります。

こんな感じのフォームで打てたらカッコいいですよね。
federer


自分のあこがれるプロ選手と自分のフォームをお手軽に近づける方法、それが素振りです。

その2につづく
【2006/06/21 22:32】 | 上達お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログランキングFC2 ブログ・ランキング
サーブ その2 - 目からウロコだったアドバイス
今までに目からウロコだったワンポイントアドバイス
 
スピードアップに関するアドバイス
・テイクバックは肘から行う。
 (ロディックみたいに)

・テイクバックであげた肘の位置を下げることなくフォワードスイングにつなげる。
 この結果、ラケットヘッドがダウンしてスイングスピードアップにつながる。

・テイクバック時に体軸を後ろに傾ける。
 それに併せて首も後ろに15度位傾ける。
 この結果、肩の回転方向がより縦になり、胸の筋肉を使ったスイングがしやすくなる。
 (これを意識したら力を入れずに速いサーブが打てるようになった。しかも疲れな
 い。)

・インパクト後も打点を見続ける意識を持つ。
 この結果、スイングの支点である体軸がブレず、スイングスピードをスムーズに加速できる。


コントロールアップに関するアドバイス
・インパクトは体が伸びきる寸前に迎えるように打点を調節する。
 インパクト後、少しでもいいからオーバースピンがかかるようにラケットが動く軌道になるようにスイングする。

・ボールはインパクト時のラケット面の向きへ飛ぶ。
 ボールが飛ぶ方向はあくまでも結果にすぎない。
 ボールの行方が狙った場所よりずれた場合は、サーブの打点を上下前後左右に調整する。
・インパクト後も打点を見続ける意識を持つ。
 この結果体軸がブレずインパクトでラケット面が狂わない。

・悪いトスの時は、無理して打たないしない。
 何回上げなおしてもいいのだから。

・サーブを打つ位置に立ったら、ラケッティング(ボールをラケットで地面につく動作)する。
 回転系のサーブを打つ人はボールにスピンをかけながらラケッティングを数回行う。
 この結果、脳にスライスサーブやスピンサーブのインパクト時の回転の手応えを予行演習させる効果が生まれる。
 その結果、回転系のサーブの確率が上がる。


 以上、サーブ一般に関して共通するアドバイスです。
 みなさん、この他にも有効だと思えるアドバイスがあればコメントしてくださいね。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

【2005/09/01 23:34】 | 上達お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログランキングFC2 ブログ・ランキング
明日のために その3
効果があったもの
4.テニススクール・・・大学生の頃、アシスタントコーチをしていた時期
           がありました。その当時のコーチの方々には、
           「テニスはお金を払ってまで習うものではない。」
           と言われておりました。その言葉を信じてテニスス
           クールにはずっと通っていませんでした。
           が、今年の初めからスクールに通い始めて半年で、
           今までダメダメだったボレーとスマッシュがだいぶ
           改善できました。コーチが試合に強い人であり、同
           じクラスの人が自分よりはるかに上手なことがポイ
           ントだと思います。スクール通ってよかった。もっ
           と早くから通えば良かったかな。しかし、お金はか
           かります。

5.Webサイト  ・・・これって何? という質問が来そうですが、最近検
           索エンジンで「テニス 上達法」とか入力すると
           検索結果の上位に出てくるサイトの情報の事です。
           4ヶ月半ぐらい悩んだ末、あるサイトの情報を
           \15,000-位払って購入しました。その結果は、
           はっきり言って「当たり」でした。ずっーと悩んで
           いた悪い癖が大幅に改善されました。「オマエの腕
           が悪いからだ」と言われればその通りなのですが、
           これにはいくらか感動いたしました。この情報に
           ついてはまた別の機会にご紹介します。

6.メルマガ   ・・・タダで上達の情報を発信してくださる親切な方が
           いらっしゃいます。世の中捨てたものではありま
           せん。ここのメルマガは結構オススメです。
           http://www.seed-history.com/


以上、簡単に検証してみました。皆さんの中にはきっと違った感想をお持ち
の方がいらっしゃると思います。是非ご意見を聞かせてくださいね。

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

【2005/08/26 03:00】 | 上達お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログランキングFC2 ブログ・ランキング
明日のために その2
効果が実感しにくいもの
1.テニス雑誌  ・・・その時に一番活躍している選手の写真がコマごとに
              技術解説してある。
              書いてある内容にうなづけるところもあるが、そのま
             ま真似をするには基礎体力が違いすぎる気が・・・。
              ただ、フットワークに関する記述は最新の技術につ
             いて書いてあるので大いに参考にすべきだと思います。
           
2.テニス本   ・・・出版されているものの中には、良書も存在している。
             ただ、印刷物は動かないので動きを立体的にイメー
             ジしづらいかも。オススメの本は別の記事でご紹介
            します。

3.TV       ・・・昔から、見たいとき見れない。いつも見逃してしま
            う為、役立てようがなかったのですが、最近、HDD
            レコーダーを購入したのでじっくり見られるようにな
            りました。
              4大大会などを観戦するのであれば、是非片方のプ
            レーヤーだけを目で追うように心がけましょう。
             自分は審判ではないので、ボールの行方ばかり追
            いかける必要はないのですから。
             上達する目を養うのであれば、是非片方のプレーヤ 
            ーを注視して下さい。

その3につづく

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

【2005/08/26 02:00】 | 上達お役立ち情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログランキングFC2 ブログ・ランキング
| ホーム | 次ページ≫ スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。